21.9.10

Hendrix in Britain

先週、ロンドンのHandel House Museumで開かれているJimi Hendrix没後40周年記念展示会に行ってきました。

下のリンク先より、わたしが見てきた内容のうち11枚の写真が見れます!!



I went to see an exhibition of "Hendrix in Britain" at Handel House Museum in London.  To see some photos of this exhibition, please click a link below.















Jimi Hendrix

たった4年間の音楽活動、それでも、今もなおギターレジェンドとして賞賛される偉大なミュージシャン。


もとはアメリカ、シアトル出身。数々のバンドに参加して音楽活動をしていたが、1966年にイギリスのバンド、The Animalsのベーシスト、Chas Candlerに見いだされ渡英する。同年10月、Mitch Michell(Dr.)とNoel Redding(Ba.) と出会い、Chasをプロデューサーに迎えJimi Hendrix Experienceを結成。



歯でギターを演奏したり、ライブパフォーマンスでギターを燃やしたり、誰もまねできない即興演奏をしたり。。。彼の伝説は数知れず。67年ー68年は多くの名曲を生み出し、世界中で爆発的な人気となる。



しかし、多忙スケジュールとバンドへの周囲の期待でメンバーや関係者との折り合いがつかず、Chasは1968年5月にプロデューサーを辞め、翌年にはベースのNoelも脱退。同時にHendrixのヘロイン所持発覚。



その後、Mitchと新ベーシストBilly CoxとともにThe Band of Gypsysを結成。さらなる音楽活動を続ける。



しかし、その後もドラッグ使用が報道され、LSDの影響でツアーに支障、キャンセルするまでに追い込まれる。



そして1970年9月18日、ロンドンのホテルで急死。ドラッグの影響と、睡眠前の飲酒で中毒をおこし死亡したといわれているが、一緒にいたガールフレンド、Monika Dannemannの証言に不審点があり、真相は謎のまま。このときHendrixは27歳。





展示会は、ジミヘンが1968年当時のガールフレンド、Kathy Etchinghamと一緒に住んでいたアパートも同時に公開されていました。残念ながらチケットが入手できず行けませんでした。



Jimi Hendrix and Kathy Etchingham


でも、展示会でジミヘンの手書きの歌詞やイラスト、パープルのハット、そして死亡証明書まで見ることができて、とにかく感動でした!!!


やっぱりかっこいいなぁジミヘンは。。。









ジミヘンの曲を探していたら、こんなYouTubeを発見してしまいました。

I found this video on YouTube.....




イギリスの子供向け番組、Teletubbiesがジミヘンの代表作”Purple Haze”で踊り狂っている...

なんでしょうこれ、最後はギターがジミヘンのもとへ戻っていったんでしょうか。。。謎。




しかし小さい子にもジミヘンの曲を教えちゃう、そんなイギリスの教育はなんてすてきなんでしょう。




Address of Handel House Museum:

25 Brook Street, Mayfair
London W1K 4HB









The exhibition "Hendrix in Britain" lasts until 7 November 2010.


No comments:

Post a comment