17.1.13

Rodriguez: Searching For Sugar Man

I keep listening to Rodriguez these days.  He's such an amazing American folk singer!



Sixto Rodriguez has released amazing 2 albums "Cold Fact" in 1970 and "Coming From Reality" in the following year. However, a little bit of luck didn't turn to him, so he has gone forever, well, until 2 of his big fans from South Africa started searching for him in the 90s.

A documentary 'Searching For Sugar Man' which came out last year tells how they found him, how he has been doing, everything about this mysterious man.



I was so lucky to be able to attend his concert in London. My boss at the record shop got free tickets from one of our regular customers (how generous she was!!) so we went to see him. I couldn't believe that his vocals sounded exact same as his in the 70s,  even he hasn't sang for a while till now, and his guitar was really great. And he said he was going to be 70 years old!! Incredible.  His lyrics are quite straight and political, but they are all beautifully written and very touching.  I am so glad that the 2 fans decided to find him, otherwise we never got to know this amazing singer.



最近ロドリゲスのアルバムばっかり聞いております。なんて素晴らしいフォークシンガーなんでしょう。

シクスト・ロドリゲスは1970年にアルバム"Cold Fact"、翌年"Coming from Reality"という素晴らしいアルバムをリリースするも、あと少しの運がなく、その後姿を消したアメリカ出身のアーティスト。しかし、90年代になり、彼の大ファンである南アフリカ人の男2人が彼の行方を追い始める。

そして2012年、ロドリゲスについてのドキュメンタリー『シュガーマン 奇跡に愛された男』(日本では2013年3月16日に公開予定)が公開され、世界はこのミステリアスなミュージシャンをついに知る事となった。


ラッキーな事に、私は彼のロンドンでのギグに行く事が出来ました。レコードショップのボスが、常連のお客さんからチケットをなんとタダでもらったので、一緒に見に行きました。もちろんその前にドキュメンタリーも見に行きましたよ。何が驚いたってね、しばらく歌っていなかったにも関わらず、ロドリゲスの声は70年代に歌っていた時の声と全く同じで、ギターの音もホントに素晴らしかった。おまけに、彼、今年で70歳!もう信じられない。歌詞の内容はかなりストレートで政治的。でもそのソングライティングは美しく、尚かつ心に訴えてくるものがある。

2人のファンが彼の捜索に乗り出してくれてホントによかった。そうでもなきゃ、みんなロドリゲスについて知らないままだったよね。

No comments:

Post a comment